ALSO FIND INFOS ON #FORUMKYOTO INSTAGRAM and  FACEBOOK

GUEST CHEF #1
8.15 TUE – FROM 6PM
FORUM KYOTO

この度、フォーラム京都で始まりますイベント「ゲストシェフ」!
色々な分野の色々なシェフをお招きして、フォーラム京都のキッチンから次世代レベルの味を低価格でお送りする企画!
まず第一回目は、
京都のりょうりやステファンパンテル、奈良のラ・テラスを経て、
この9月からルインズでシェフとなる西畑仁さんをお招きして、独創的で驚きのフレンチスタイルのお料理を皆様に味わっていただきます。
それでも、お値段は¥600〜¥800とゆう!
いろんな人に味わっていただきたい企画です!!

“Guest chef” is designed to welcome the most talented and experimental chefs. Convinced that cooking is an art we imagined a series of event where we invite chef we love to use FORUM KYOTO kitchen to experiment and get us to next level of tasting pleasure. Jinn Nishihata who has been working in famous kitchen such as Stéphane Pantel in Kyoto or La terasse in Nara is our first guest. We are also proud to announce that he is coming back to Kyoto to be RUINS chef and this event is also a unique occasion to taste his upcoming amazing food.

Our concept for these events is to offer amazing skilled chef food to a price range from 600JPY to 800JPY, we believe that delight needs to be shared with everyone.

http://www.forumkyoto.com/
https://goo.gl/maps/PF86KWbpdCz

2017.7.29 sat

Forum Labo #1 | フォーラム ラボ #1

19:00 – 24:00

Free Entrance & 1 Drink Order
入場無料、1ドリンクオーダー

Sound by :
Breakin’ Kobayashi
IMADEGAWA
Masahiko Takeda

Following the concept of FORUM young artists program, we are now introducing FORUM Lab where we invite young talented DJ, musician and producers to play/perform.
We look forward sharing this very first edition with you

BLIND PIECE dance and blind scenes at FORUM

https://www.facebook.com/events/112276632647152/

SCHEDULE
Thu 20, Fri 21, Sat 22 : 19:00 / 20:30
Sun 23 : 15:30 / 17:00 / 19:00 / 20:30

entrance fee 1500 円
incl. 1 drink
RESERVATION–> https://ssl.form-mailer.jp/fms/cf3a3b55517011
INFOS –> https://blindpiece2.wixsite.com/blindpiece

BLIND PIECE コンセプト
「Blind piece」は、ダンスシーンと観客がガイドの合図に従って目を閉じた時間が組み合わさった、観客参加型の作品です。2015年にJCDNプロデュース「踊りに行くぜ2」Bプログラムの 劇場作品としてDANCE BOXにて制作、上演されました。今回はダンサーと観客との身体的な接触やコミュニケーションを通して、観客を更に巻き込んだ構成で、 美しいFORUM KYOTOの建築の中を旅するように上演します。

“Blind piece” is composed by dance scenes and blind scenes where the audience close their eyes following the instruction of a guide. Originally this work was produced and presented in the framework of Odorini-ikuze2 B program produced by JCDN at Dance Box in 2015. This time, including physical contacts and further communications between performers and the public, the piece invites the audience to an immersive experience in the great architecture of FORUM KYOTO.

プロフィール
立命館大学産業社会学部卒業。京都、滋賀を中心にバレエ、コンテンポラリーダンサーとして活動した後、2008年にアムステルダムに拠点を移し、 即興ではKatie Duck と活動を共にする。2009年より創作活動を開始し、自作をヨーロッパ各国、イスラエル、日本で上演する。
2015-2016年、英国トリニティラバンのコミュニティダンス準修士コースで学び、優の成績で卒業時ラバン方法論の最優秀研究賞を受賞。2016-2017年、スペイン、カスティーヤラマンチャ大学にてパフォーミングアーツ、視覚芸術のマスターコースで学び、マドリードを拠点としている。

Akitsu is a Japanese performer and dance maker. After studying Sociology in Ritsumeikan University, she worked as a dancer in the fields of contemporary dance and classical ballet in Kyoto and Shiga. In 2008, she relocated to Amsterdam where she started creating her own works. Her choreographies have been presented in various international festivals and venues. In 2016 she graduated from Trinity Laban Conservatoire with a Postgraduate Diploma in Community Dance (Distinction). Since 2016 she is based in Madrid and studies at the master of performing arts and visual arts at University of Castilla-La Mancha.

構想、振付:秋津さやか
振付、出演:合田有紀、中間アヤカ、西岡樹里、野村香子、山本和馬
制作:野村香子
主催:SAYAKA. Co
共催:FORUM KYOTO
助成:京都府文化力チャレンジ事業

Concept & choreography: Sayaka Akitsu
Choreography & performance: Yuki Goda, Ayaka Nakama, Juri Nishioka, Kyoko Nomura,
Kazuma Yamamoto
Production: Kyoko Nomura
Produced by SAYAKA. Co
Supported by FORUM KYOTO &
BUNKARYOKU Challenge funds Kyoto

出演者は キャストの中から各回3名ずつローテンションで配役されます。
The three performers will be casted in rotation for each performance.

http://www.forumkyoto.com/

GION MATSURI – “BRIDGE”
07.14 FRI
open 19:00

WEST HARLEM and FORUM KYOTO
collaboration

https://www.facebook.com/events/320382095084635/

GION MATSURI – “BRIDGE”
07.14 FRI
open 19:00

WEST HARLEM and FORUM KYOTO
collaboration

12 artists + 2 locations
Entrance Fee: ¥500
(+1 Drink:¥500)

FOOD – DRINK
stand in Kiyamachi street
木屋町通りの出店

WEST HARLEM
DJ:
Toshiki (Sensation –
Syn-c – West Harlem)
Torei (SND Party – Syn-c)
Rin (Garden)
HIBIKI (Echo)
COMACCIAN
And Good DJ’s

FORUM KYOTO
DJ:
Ken’Ichi Itoi
Naohiro Tomisawa
Yudai Tamura
Masahiko Takeda
Ally Mobbs
Rem Kina

RYUSEI MAEDA Exhibition & Pop-up Shop
2017.06.23- 07.02
OPENING RECEPTION 06.24
LIVE DRAWING 3pm – 6pm

MUSIC from 8pm
Hisashi Aochi
Koichi
Toshiki(sensation)
VJ
Tetsuya Kobayashi

->eng below
この度FORUM KYOTOにて若手イラストレーター前田流星による展覧会とポップアップショップを開催します。彼は京都精華大学デザイン学部卒業イラストレーターとして主に人物をモチーフにポップでダークなイラストを制作し様々な媒体にイラストを落とし込んだオリジナルグッズ「SICK BOY」を展開しております。
本展覧会では、自身のイラストをシルクスクリーンの技法使ってコラージュした大型作品を展示致します。
並行して3階では「SICK BOY」の新作Tシャツやその他ユニークなグッズのポップアップショップが展開されます。

前田流星
兵庫県生まれ 京都在住。
イラストレーター・音楽バンド「バレーボウイズ」として活動中

文章・企画 FORUM KYOTO アシスタントキュレーター 黒田純平
翻訳 菊池 優花

We are holding an exhibition and pop-up shop by Mr. Ryusei Maeda, an illustrator who graduated from Kyoto Seika University’s design department.
His work is primarily made of people motifs, and has an impression of pop and dark. Illustrations are developed for original goods “SICK BOY” of various media. This time the large silkscreen work is displayed on the 4th floor, the popup shop is held on the 3rd floor, and in parallel with this exhibition, a unique product such as “SICK BOY” latest T – shirt will be exhibited. It is available.

Ryusei Maeda
Originally from Hyogo, currently living in Kyoto.
An illustrator and a band member of “Volley Boys”

Text・curation : FORUM KYOTO Assistant curator Junpei Kuroda
Translation: Yuka Kikuchi

「 未来の画像
IMAGES DU FUTUR 」
CLEO VERSTREPEN & THEO CASCIANI
2017.06.09 – 06.18

https://www.facebook.com/events/326397894461289/

「 未来の画像
IMAGES DU FUTUR 」
CLEO VERSTREPEN & THEO CASCIANI
2017.06.09 – 06.18
OPENING RECEPTION AND PERFORMANCES 06.09 from 6pm
CLOSING TALK AND DISCUSSION 06.18 from 5pm

Made in collaboration with: Kyoko Nomura, Yuki Goda, Simon Erin, Fumi Takenouchi, Sagar Patel, Masahiko Takeda, Tokiko Ihara…

->eng below
彼女はゆっくりと近づいてきて、私の視界の中に立った。彼女はいくつかの小枝に火をつけ、彼女の指先で揺らめく炎をじっと見つめていた。そしてその光を胴体が揺れ続けるヘリコプターに向けてではなく、群衆とその妨げられた談話に向かってでもなく、ただ地面に向かって落とした。その大地は火を付けられながらも、私たちの世代の可能性によってまだ燃え尽きてはいない。今、2019年秋の蜂起は、私たち自身が注視する先にのみ存在するのだ。
Théo Casciani執筆中である小説 Regarder Voirから抽出された、この圧倒される光景の記述は、ある社会運動の描写です。私たちが苦しんでいる虚構に新たな現実が対抗し、この怒れる地に残された何かを発見するために、FORUMキュレーションによる「images du futur」プロジェクトは、証言や総体的な観点を通じて精神の持つ無限の可能性を証明する物語を作りたいと考えています。

Bio:
Théo CascianiとCléo Verstrepenは京都に拠点を置くフランス人アーティストのデュオです。コミュニティの持つ新しい可能性を露わにし、イメージの持つパワーを注視力への変換を促す為に、Théo Cascianiの文学作品とCléoVerstrepenのビジュアルプロダクションを組み合わせながら、記述、フィクション、政治研究を使ってインスタレーション、パフォーマンス、体験を創作しています。

Slowly approaching, she was standing in my field of view. She ignited some twigs, remained a few moments contemplating her flame fingers and throwed the luminous bud in an unknown direction, not really towards the helicopter whose fuselage kept swaying, neither towards the crowd and its impeded discourses, she just slammed it on the ground, torching this soil yet burnt down by the potentials of our generation. Now, the uprising of Fall 2019 merely exists by our own gazes.
Extracted from Theo Casciani’s in progress novel Regarder Voir, the description of this sight overwhelmed by presences is the single trace of this social movement. The「 images du futur 」project curated at FORUM wishes to produce a narrative in order to bear in mind unconditional possibilities through testimonies and perspectives, to oppose new realities to the fictions we suffer and to invent what is being left of this fuming ground.

Bio:
Théo Casciani and Cléo Verstrepen are a French-duo of artists based in Kyoto. Mixing Theo Casciani’s literary works and Cléo Verstrepen’s visual productions, they create installations, performances and experiences using descriptions, fictions and political research willing to expose communities to new possibilities, switching from the power of images to the might of gazes.

http://www.forumkyoto.com/

foton live at FORUM Kyoto
MAY 27th – 1500¥ incl. 1 drink – open door from 7pm

Music by:
AOKI takamasa
Masahiko Takeda
Miharu
Ally Mobbs
mightwhales

Featuring live auditoreactive generative visuals and installations by:
Takuma Nakata
Toe On Net
Sagar Patel

http://www.forumkyoto.com/

徳丸雅士 MASATO TOKUMARU
EXHIBITION + POP-UP SHOP
2017.05.19- 05.25

https://www.facebook.com/events/290564421369091/

徳丸雅士 MASATO TOKUMARU
EXHIBITION + POP-UP SHOP
2017.05.19- 05.25

OPENING RECEPTION
05.19 from 6pm
MUSIC – DJ set from 9pm

eng below->
この度FORUM KYOTOにて若手映像作家である徳丸雅士による初の個展を開催できることをスタッフ一同心から光栄に思います。 彼は独学でSDインターレーステープビデオを使って鎌倉周辺を撮影をしながら技術を習得してきました。また連続する風景と光の幾何学での遊び方を模索しながら、VJingソフトウェアを使う事によって彼の作品は進化をとげました。彼はその後、ウェブ上で起こる一連の出来事を収集し、それを彼個人が過去に撮影した映像とその瞬間の出来事を捉えた映像をリアルタイムでリミックスし始めました。アニメ、国際ニュース、ドキュメンタリーの映像を重ね合わせることで、彼は自身に体する個人的な尋問を別の場所に投影しています。時にはいくつかのカメラやプロジェクターを使用することで、彼は音楽とビデオがサイケデリックな体験を助長するような世界を再現しているのです
この展覧会では、4階にあたる2つのフロアーが、再現された作家のビデオスペースに視聴者を誘います。並行して3階ではユニークな即席のポップアップショップが展開されます。そこでは、彼が映像制作における同じコンセプト、即ち重ね合わせ修正するという行為を基に選択した古着が販売されます。

Forum Kyoto is delighted to welcome the first solo exhibition of young video artist Masato Tokumaru.
Autodidact, he started to develop his practice by shooting the surrounding of Kamakura with SD interlaced tape video. Seeking to play with landscapes sequences and light geometry his works evolved when he learned the use of VJing software. He started then to collect sequences on the web he would remix in real time with his own previously made and real time shooting sequences. By layering found footage of anime, international news, documentaries he manages to inject in different venues his own personal interrogations. Using sometimes several cameras and projectors, he’s recreating a world where music and video can be support of psychedelic experiences.
In this exhibition the 2 platforms of the 4th floor will immerge the viewer in Masato’s recreated video space.
In parallel he’s re using the same concept of layering and modification on a selection of 2nd hand clothes. The 3rd floor will welcome a selection of his fashion unique creations in a unique improvised pop-up shop.

徳丸雅士
鹿児島生まれ 京都在住。映像作家・VJとして活動する
ニュイブランシュKYOTO2014に参加。
KYOTO EXPERIMENT2016に参加。

ご予約|お問い合わせ
Infos & reservations
+81 (0)75 744 6228
info@forumkyoto.com
www.forumkyoto.com

定休日 月曜
火曜〜日曜 10AM〜1AM
Closed on Monday
Open daily from 10am – 1am

2017. 04 . 08 -> 09 EXHIBITION + PERFORMANCE
APR. 8th – from 18.00 OPENING RECEPTION
オープニングレセプション 04月 08日18.00から
PERFORMANCE – 20min -> n*1 – 7.30pm + n*2 – 9pm

https://www.facebook.com/events/1472919346086877/

この度FORUM KYOTO にて、2人のデザイナーと2人のダンサー、1人の音楽家によるこのコラボレーションプロジェクトを企画することができたことを大変嬉しく思っております。
モジュラリティと進化における可能性にインスパイアされたBIESTの作品が、このパフォーマンスの中で、それらを纏ったダンサー達の踊る、共有する、着る、脱ぐ、そして戯れるといった動作によってまた新たな形を生みだしていきます。この2日間で野村香子と合田有紀が紡ぎ出すアクションと武田真彦によるリズムとフィールドレコーディングの音像が、彫刻的なBIESTの衣装に命を吹き込むのです。
このプロジェクトはゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川との共同企画です。
FORUM KYOTO is glad to welcome a collaborative project, which associates two designer, two dancers and a musician. Inspired by the modularity and possibilities of evolution of BIEST creations, this exhibition in movement will take new forms while the dancers performs, share, dress, undress and play with them.
While activating the different states of this two-day exhibition, Kyoko Nomura and Yuki Goda will bring BIEST’s sculptural fashion alive on the rhythms and field recordings of Masahiko Takeda.
This project is made in collaboration with Goethe-Institut Villa Kamogawa.

„BIEST“ biestberlin.com
ヒンリクスとシェラーは2011年に、モード、建築、デザイン等の分野で虚飾を排し、
認識と輪郭の必要性を追求する『BIEST』社を設立。
ヴィラ鴨川滞在中のプロジェクト「ノイバウ」では、
日本の加工・製造技術に依拠しつつ、「巻物」による動きの自由と、
衣と住という要素を満たす作品に取り組んでいる。

Founded in 2011 by Mirko Hinrichs and Silvio Scheller, “BIEST” can be seen as an art project which inspires new contemplation of “Body and Space” in relation to the dimensionality of fashion, intimacy, and perception. In search for a concept that combines fashion, architecture and design, BIEST fabrics play with a varying dimensionality of forms and ideas for housing and clothing, where body and space are a “performative utterance”.
While being in Kyoto, they are currently creating an object that refers to Japanese processing and refinement techniques, as well as to Japanese ideals such as sustainability and simplicity.

BIO:
MIRKO HINRICHS – Design
1977年生まれ。建築学を学んだ後、舞台美術家として、様々な劇場やクリストフ・シュリンゲンジーフなどのアーティストとも仕事をし、展覧会デザイナーとして、ベルリンのフォトグラファー・エージェントであるオストクロイツなどの展覧会も手がけた。
Mirko Hinrichs (born 1977) worked, after his study of architecture, as independent stage
designer for several theatre houses, artists such as Christoph Schlingensief or the
photographer-run agency “OSTKREUZ”.

SILVIO SCHELLER – Design
1972 年生まれ。ベルリンで独文学と服飾デザインを学び、スタイリスト及びビデオプロデューサーとして、Nena 等ドイツ音楽の著名アーティストとの仕事を手がける。また、独自のファッションラインThe Laugh&Peas Companyを立ち上げた。
Silvio Scheller (born 1972) studied German philology and fashion design in Berlin. He worked as stylist and video producer for famous German musicians, such as Nena, “Rammstein” or the “Fantastischen Vier” and established his own fashion line “The Laugh&Peas Company”.

KYOKO NOMURA – Dance performance
07年よりMonochrome Circusに参加。福岡県出身。2007年よりMonochrome Circusの活動に参加。以降、カンパニーの主要ダンサーとして、『掌編ダンス集』『直島劇場』『TROPE』や、フランス、韓国、フィンランドのフェスティバルへの出演など、国内外問わず多くの舞台に立ち経験を積む。他に、ディディエ・テロン(仏)振付『HARAKIRI』、チョン・ヨンドゥ(韓)振付『カラスとカササギ』などに出演。また、2012年より、シンガーソングライター・深水郁との共同製作プロジェクト『人魚の鱗』シリーズを京都、東京、九州各地で上演。
She belong to the dance company “Monochrome Circus” that is based in Kyoto since 2007. Later, she gained experience in many stages in Japan and abroad as a main dancer of the company. Major works are “SI Dance Festival 2009”(Korea),“Setouchi international Biennale 2010”,”Full Moon Dance Festival 2011”(Finland), and also she participated as dancer in
residence of CCNC in France(2009~2011).

YUKI GODA – Dance performance
国内外ツアーをはじめ、様々なアーティスト、作品に出演。個人の活動として、音楽家 山中透との共同制作作品「白昼夢」(愛媛県町立久万美術館「松本俊夫展・白昼夢」)、「fruits session 2014」(愛媛県立美術館「洲之内徹と現代画廊展」)、映像作家 飯名尚人との共同制作作品「金魚撩乱」、前田英一とのデュオ作品「未だ無題」(FOuR Dancers vol.38 UrBANGUILD)などがある。
He belong to the dance company “Monochrome Circus” that is based in Kyoto. Later, he gained experience in many stages in Japan and abroad as a main dancer of the company.
As individual, he worked some coproduction with Toru Yamanaka(dumb type), Naoto Iina(Dance and Media Japan), Hidekazu Maeda(dumb type) etc.

MASAHIKO TAKEDA – Sound
京都を拠点に活動する電子音楽家/DJ。
Velveljinのメンバー。 フィールドレコーディングやミニマリズムの要素を用い楽曲制作を行うとともに、
ミニマルなハウス・ミュージックをフォーマットにDJ活動を展開している。
Electronic musician / DJ based in Kyoto. A member of Velveljin.
In addition of making music by using elements of field recording and minimalism,
he is developing DJ activities inspired by minimal house music.

This project is made in collaboration with
Goethe-Institut Villa Kamogawa
協力: ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

2017.04.07 :: NOVI_SAD -> IIC (International Internal Catastrophes)
Thanasis Krapoulias a.k.a. Novi_sad
パーフォマンス

https://www.facebook.com/events/1027311600736136/

2017.04.07 :: NOVI_SAD -> IIC (International Internal Catastrophes)
Thanasis Krapoulias a.k.a. Novi_sad
パーフォマンス
04月 07日19.30から
+ AUDIOVISUAL PERFORMANCE – from 7.30pm
+ MUSIC – DJ set from 9pm
http://novi-sad.net/

->eng below
ウィリアム・S・ バロウズ 、ジョン・ケージ、灰野敬二、フレッド・フリス、ビル・ラズウェル、Merzbow、ハロルド・バッドらのリリースを擁する名門中の名門Sub Rosa(ベルギー)やTouch(イギリス)、Staal plaat(オランダ)、Sedimental(アメリカ)からリリースしているCollective Sound Artist。ヴェネツィア国際映画祭、MUTEK、Ultrahang、Observatori、Gaudeamus Music Week、等の国際フェスティバルに出演する。増幅された環境的レコーディング、ドローンの操り、構造的なアンビエントサウンドスケープから見られる技術的能力はcinema for the earと評される。フィジカル的な性質と感覚が引き離される関係性を人間の知覚として明らかにするように音を解釈している。彼の放つ音波に没頭することにより、大脳的、また内臓的経験が一度にできるであろう。

BIO:

Athens-based artist Thanasis Kaproulias, working under the moniker Novi_sad is as much engaged by nature and the rudimentary sounds that are borne of remote environments as he is by the act of representing them. With an accomplished technical ability, as well as a sensitivity for the nuances of his considered locations, Novi_sad carefully recontextualises the scenery. The artist engages with the landscape by producing field recordings whose intensity is revived in spaces as sound pieces performed in-situ. Novi_sad treats every sound with integrity with a resulting resonance that invites and immerses the listener. Using an innovative approach inspired by the idea of ‘cinema pour l’oreille’ (cinema for the ear), Novi_sad aspires to ‘donner à voir’ (lead to seeing), by means of sound. Many of the artist’s projects are focused on architectural acoustics. His process brings unique field recordings into contact with various methods of audio analysis, as well as utilising quantitative and numerical data from different sources such as NASA.

Novi_sad’s projects have been presented internationally including at the Venice Biennale Film Festival, Venice; MUTEK Festival, Montreal and Mexico City; Muziekgebouw aan ‘t IJ, Amsterdam; Le Fresnoy – Studio National D’Arts Contemporains, Lille; Roy O. Disney Concert Hall, CalArts, Los Angeles; Itaú Cultural, São Paulo; Megaron/The Athens Concert Hall, Athens; VPRO National Radio, Amsterdam; Cabaret Voltaire, Zurich; National Academy of Music, Aarhus; Einstein Kulturzentrum, Munich; and MAM/Museum of Modern Art, Rio de Janeiro. In his works with audiovisual projects and film, Kaproulias has collaborated with notable artists and filmmakers including Lars von Trier, Ryoichi Kurokawa, Isaac Niemand, Yorgos Zois and Karl Lemieux.

PROJECT:
IIC (International Internal Catastrophes) is an audiovisual project by Novi_sad and Isaac Niemand. For this project, audio and film material were gathered from expeditions in the remote parts of Iceland and transformed into a visceral, elegant and profound 30-minute audiovisual piece. In producing IIC, the collaborative duo sought to trigger synaesthetic responses in the spectator by harnessing dissonant elements and bringing them to layered and gradual peaks. Carefully constructed mythical crescendos, slow motion deliriums, hyper-beauty, elegance and tenderness come together in an immersive and resonant cinematic work. At the core of this generative project, built around a geometrical layering of sounds and panoramas, is the subtle manipulation of optical nuances and the sequential exploration of such terms as “collapse-rebuild-isolate-take off…”.

The piece unfolds in two parts: the first part is exclusively based on a wide range of sonic phenomena where its capture is a direct response to the hostile Icelandic landscape; the second part is based on vibration recordings from Manhattan and Brooklyn bridges in New York and incorporates the voice of a woman mourning her children, who were murdered in the Bosnian civil war. A five-minute excerpt from the second part entitled Riotous Viscera was selected and featured in Lars von Trier’s Gesamt project.

2017. 03 . 24 Les 2 Garçons & FORUM KYOTO Chefs Special Diner
2人のシェフによるスペシャルコラボレーションディナー
5200YEN for full course :: ON RESERVATION / 予約制

1st SERVICE / 第一部
18.30PM 20.30PM
2nd SERVICE / 第二部
21.00PM 23.00PM

MENU

スモークサーモン、桜クリーム、青海苔バター トースト
Smoked Salmon, Sakura Cream, Aonori Butter Toast

オマール海老, ジャスミン茶バターソース
Lobster, Jasmine Tea Infused Butter Sauce

黒毛和牛のステーキ、京都醸造ビールソース
(スタウトとジンジャーブレッド)
Wagyu Beef with Kyoto Brewing Beer Sauce
(Dark Beer and Ginger Bread)

柚子のクレープシュゼット
Yuzu Crepe Suzette

バゲット
Baguette

この度レドゥギャルソンのチームと共にこの特別なイベントの為にメニューを創作できたことを心から嬉しく思います。
このコラボレーションは、両店のシェフがこれまでに培ってきた経験と技を駆使して,これまでに無いメニューを創作することによって、ガストロノミーの新たなアイデンティティを生み出すものです。
ゲストの皆様に、この特別なメニューを新鮮な驚きと共に心ゆくまで味わっていただければ幸いです。

ご予約|お問い合わせ
Infos & reservations
+81 (0)75 744 6228
info@forumkyoto.com
www.forumkyoto.com

2017. 03 . 18 -> 22 EXHIBITION + POP-UP SHOP
MOBIL by AMBRE CARDINAL
オープニングレセプション

https://www.facebook.com/events/1022666814532042/

2017. 03 . 18 -> 22 EXHIBITION + POP-UP SHOP
MOBIL by AMBRE CARDINAL
オープニングレセプション
03月 18日18.00から
MAR. 18th – from 18.00 Opening reception
MUSIC – DJ set from 9pm

->eng below
Ambre Cardinal “MOBIL” Collection
パリより新しく発表されるジュエリーブランド”MOBIL”アートディレクターなどもつとめる多彩なアーティスト、アンバー・コーディナル。 ロンドンにてアートを学びその後、海外や日本で様々なディレクションを手がける。
今回発表するジュエリーラインは色んな人に身近にアートを触れてもらいたという彼女の思いからスタートしました
ボディーラインに添わせた美しく繊細なラインはきっと貴方に新しいアートへの扉をひらいてくれるにちがいありません。
是非ギャラリーへ足を運んでみてはいかがでしょうか? (*オープニングパーティーと展示期間中はアーティストが在廊します。展示されているものは全てその場でお買い求めいただけます。)

Ambre Cardinal @ambrecardinal
(アンバー・コーディナル)/パリ在住

アレクサンダー・カルダーにインスパイヤーされ、バランスや体の動きに合わせたジュエリーをデザインされている
重力によって空中に浮揚しているような錯覚を起こさせ、ボディーラインにフィットするジュエリーは体に調和したエレガントなゴールドライン。
ブランドはアートとデザインを掛け合わせたものをコンセプトにアプローチしている。
*ジュエリーを展示する用に製作されたフォトグラフが転写された木版も販売しています。

MOBIL jewellery collection is designed and made by Ambre CARDINAL in Paris.
Inspired by Alexander Calder the intention was to design articulated pieces that balance with the body movement. The jewellery is made to fit closely the bodyline playing with visual illusion such as gravity and levitation. The elegant gold line frames the body shape with harmony.
The approach of this brand is to propose a combination of Art and Design.
*The jewelry displays are wooden photographs and are also purchasable.

Details

2017. 03 . 04 -12 : Ally Mobbs & Connor Kirk
EXHIBITION – POP UP SHOP“Chop”はアリー・モブスとコナー・カークによるコラボレーションアート展示とポップアップです。音とフォームを元にしたテーマで、
DIYで作った電子楽器やカスタムでデザインした録音機
3Dプリンターで開発したプロダクト、などを展示します
“Chop” is a collaborative exhibition and pop-up shop by Ally Mobbs and Connor Kirk. With a focus on sound and form, “Chop” is a compact exhibition of remixed, sampled and chopped 3D structures, prints, microphones and instruments.UK出身、京都在住のアリー・モブス。
サウンドデサイナー、アーティスト、プロデューサー。ヒップホップにインスパイアされたインストゥルメンタルの楽曲をサンプラーやフィールドレコーディング、手作りの楽器で作曲。ライブは指で音を奏でる。
Ally Mobbs, from the UK lives in Kyoto, Japan.
Sound designer, artist and producer.
Makes hip hop inspired instrumentals using samplers, field recordings and handmade electronic instruments. Played live with fingers.
コナー・カークはアトランタ出身のデザイナー兼アーティスト。アメリカで銅版画やリトグラフといった版画の技術を勉強した後、2012年に京都に移住し、それから2Dや3Dデザインソフト、3Dプリンター、レーザーカッターなどのデジタルツールに転身。2016年に個展の「サバイバル ブランケット」紙とレーザーカッターを使ったインスタレーション的な作品を発表。
Connor Kirk is a designer and artist from Atlanta. After studying traditional printmaking practices like etching and lithography in America, Connor moved to Kyoto in 2012 where his method of working has shifted over time to rely more on digital tools like 2D and 3D design, 3D printing, and laser cutting. Connor’s 2016 solo exhibition “Survival Blanket” featured geometric paper models and other cut-paper installation pieces made with a laser cutter.

2017.03.04
from 9pm :: Live Music event with

Phennel Koliander
https://quantizerkyoto.bandcamp.com/…/rebuild-anderson-paak…
AGARGARA
https://gohantapes.bandcamp.com/a…/agargara-density-function
DAWU (dj set)
https://soundcloud.com/dawudawudawu
Ally Mobbs
https://soundcloud.com/allythemobbs

ご予約|Infos
+81 (0)75 744 6228
info@forumkyoto.com
www.forumkyoto.com

坂口隼人 Hayato Sakaguchi opening- solo show at FORUM KYOTO

https://www.facebook.com/events/193272541155709/

HAYATO SAKAGUCHI 1ST SOLO EXHIBITION
2017.02.21~03.01

Opening reception / Live painting / Talk
SAT – 02.25
15PM~18PM LIVE DRAWING
19PM~ 20PM HAYATO SAKAGUCHI×JUNPEI KURODA

ENG>below
坂口隼人/HAYATO SAKAGUCHIは精華大学のイラストコースに所属する現役学生である。イラストコースはデザイナーやイラストレーターなどを志す学生の多い学部であるが、坂口自身は現代美術から大きな影響を受けており、近年はイラストコースで培った様々な技法を現代アートへと昇華させている。

今回の展示作品で坂口はアニメ、漫画やグラフティーアートなど現代のサブカルチャーの影響を受け、「デジタルとアナログの差異」をカンバスに落とし込んだ。彼の制作スタイルである写真やデジタル素材のコラージュやペインティングなどにより、形式の審美を見極め、デジタルとアナログの関係性を再確認する作品になっている。

画像編集ソフトでミスをしてしまうとボタンひとつで元に戻せれるが、ペインティングとなると一度描いたものは元には戻らない。その失敗を受け入れ、デジタルとアナログの差異を表現している「白線シリーズ」や、大型作品の「暗渠(あんきょ)」は印刷された素材をコラージュしたり、スプレーやインクを使うことによってデジタルとアナログの融合を目指している作品であるとも言える。
デジタルはデータさえ無事であれば修復も可能だ。それに比べアナログにおける修復や制作にかかる作業量はデジタルとは大きな差がある。その差異を彼は様々なテクニックで表現しているのだ。

この「デジタルとアナログの違い」についての定義は人によってそれぞれ相違があるだろう。しかし今回の展示においては、作品に見える坂口独自の定義に対する鑑賞者の様々な意見を引き出すことが重要なのである。それらを吸収することが、今後作家のより洗練した作品の制作に繋がる絶好の機会となることを確信している。

この度、坂口隼人/HAYATO SAKAGUCHIの自身初となる個展をFORUM KYOTOにて開催する運びとなりました。
FORUM KYOTOの若手アーティストのプログラム第一弾として、若手アーティストの新たな可能性が発見されることを願いつつ、皆様から屈託の無いご意見を頂戴できましたら幸いです。

また2月25日土曜日には木屋町通りに面した窓を使ってライブドローイングを行います。展示作品とは違い彼の制作スタイルを生で鑑賞いただけます。是非おご高覧ください。

文章・企画
FORUM KYOTO アシスタントキュレーター 黒田純平

Hayato Sakaguchi is currently a student following the illustration course at Seika University. A majority of students attending this course are aiming to be designers or illustrators. To produce his works he’s been using the various technics he earned during these studying year while at the same time revealing his influences in contemporary art.

This exhibition tends to question the relation/differences between digital and analog into canvases by using photography transfers, collage of digital materials and painting.

In companies, industries or artistic fields, software replaced the traditional technics for many reasons. In this case the function “ctrl+z or cmd+z” that allows us to go back in time, correct a mistake, has particularly interested Sakaguchi. In painting, you paint over, you cannot erase. When ones can consider this gesture as a mistake, the artist is considering it as part of his creative process.
“The series of white line” and “An underdrain/Culvert” represent the embodiment of his interrogation regarding the parallels and contradictions in between analog and digital.

We are glad to introduce Hayato Sakaguchi’s very first solo exhibition at FORUM KYOTO. It is at the same time the inaugural exhibition that begins FORUM’s Young Artist Program.

As our aim is also to share actively the creative process of the artists exhibiting in the Young Artist Program, Hayato Sakaguchi will perform a live painting session on 25th of February. Using the windows at the entrance floor of FORUM, this live session aims to re enact the connections in between the notions of “Uchi/Soto” – ウチ/ソト, which could be interpreted in this case by what we keep inside and what we share with the others.

Writer/organizer: FORUM KYOTO Assistant curator Junpei KURODA

WINE-event2FB2

WINE EVENT at FORUM KYOTO

 2017.02.18
16:00pm -> 18:00pm : 12 tasting glasses – 5200¥
18:00pm – >20:00pm : 4 glasses + 4 dishes – 6000¥

20:00pm -> Closing : DJ set and Wine

->English / Français below

2017年2月18日、FORUM KYOTOのワインセレクションをVincent Blondeauが皆様にご紹介いたします。2階ではロワール産のワインが、3階ではブルゴーニュ産、4階ではコート・デュ・ローヌとシャンパンがゲストをお迎えします。そしてこの美食の旅路を、FORUM KYOTOのシェフが特別に考案したメニューがお供致します。魅力的なワインセレクションとその味を更に引き立てるお料理を是非お楽しみ下さい。

フォーラムにてアンディゴのオリジナルセレクションアイテムをご賞味いただけます。
オリジナルセレクションアイテムには、フランスの自然派ワインをラインナップしております。
地域の特徴を持つ土壌から栽培されるブドウ。故にブドウの味わいは地域によって様々。
そのブドウの特徴を存分に生かしワインを醸造する熱い作り手。
フォーラムに居ながら、熱い作り手によるフランスワインを味わいながらワイン産地の旅が始まります。
(フランスワイン輸入会社 株式会社アンディゴ 代表取締役ブロンドォ ヴァンソン)

On February 18th, Vincent Blondeau will introduce FORUM KYOTO wine selection.
Guests will discover wines coming from Loire at the 2nd floor, Bourgogne at the 3rd floor, Côtes du Rhône and Champagne at the 4th floor. For this journey into gastronomy FORUM KYOTO chefs will introduce a special menu created in order to enhance the wine testing experience with paired dishes.

Le 18 février, Vincent Blondeau – Indigo wine Kyoto, sommelier et importateur de vin présentera la cave à vin de FORUM.
Les participants pourront découvrir des vins originaires de la Loire au second étage, de Bourgogne au 3éme étage, du Rhône et de Champagne au 4éme étage.
Pour cette expérience gastronomique les chefs de FORUM ont inventés une série de plats qui vont de pair avec la sélection de vins.

Deux formules sont proposées ainsi :

De 16h à 18h : Atelier de dégustation avec Vincent Blondeau et 3 sommeliers, incluant 12 verres de dégustations :
Formule n°1 : 5200yen – 9 vins différents et 3 champagnes

De 18h à 20h : Le chef de cuisine de FORUM à concocté 4 plats en collaboration avec Vincent Blondeau qui vont de pair avec 4 vins de notre carte
Formule n°2 : 6000yen – 4 plats + 4 verres de vins

Les réservations peuvent être faites à cet adresse en remplissant le formulaire ou par mail : info@forumkyoto.com

ご予約|お問い合わせ
Infos & reservations
+81 (0)75 744 6228
info@forumkyoto.com
www.forumkyoto.com

株式会社 indigo
〒603-8207京都市北区紫竹牛若町9番地9
TEL 075-755-0303
月曜〜土曜 10AM〜7PM
定休日 日曜
http://www.indigojapon.com/

LIVE EVENT FEB. 10th – from 18.00
ライブイベント 02月 10日18.00から
入場料/entrance 1500YEN – 1 DRINK incl.
学生/student 1000YEN+ – 1 DRINK incl.

View vol2 in FORUM KYOTO
act
松井省悟(空中ループ)/SHOGO MATUI (Kuuchuuloop)
高山 燦/AKI TAKAYMA
Night Chambre
neomoze(takahiro mori)

FORUM KYOTOアシスタントキュレーター、フリーランスキュレーター黒田純平と音楽グループ「空中ループ」の松井省悟の共同企画のイベント
感性の刺激を受ける中で情景が浮かぶという言葉をより具体的に表現し、ライブハウスではない飲食店や野外、音楽発表とは離れているロケーションで普段出会えない人や新しい発見をしていき様々な場所を旅をしながらこのイベントは成長する。
今回はFORUM KYOTOでのライブを行い、新しい情景を生み出す。

Kuroda Junpei is FORUM KYOTO assistant curator and in his freelance practice is co-producing View Volume event series with the music band “Kuuchuuloop” and the musician Shogo Matsui.
This event grows while traveling into different venues.

FORUM_glitch2

Glitch Coffee & Roasters Guest Barista at FORUM KYOTO

2017.01.28 – 15:00 -> 20:00
GLITCH COFFEE&ROASTERSの鈴木清和さんが2017年1月28日FORUMKYOTOにゲストバリスタとして来ていただきます。

Kiyokazu Suzuki will serve pour over and espresso as
Guest barista from GLITCH COFFEE & ROASTERS
at FORUM KYOTO.

http://www.forumkyoto.com/
http://glitchcoffee.com/

Specialty Coffee Shop Opening at FORUM KYOTO

https://www.facebook.com/events/145278162620944/

2016.12.17 – Free Entrance
from 3.30pm SPECIALTY COFFEE SHOP OPENING
from 8pm MUSIC EVENT – DJ SET LIVE VIDEO INSTALLATION
AOKI takamasa
SEIHO
Ken’ichi Itoi
Egatitsu Hiroshi
Hal
Masahiko Takeda
Daikyojin
street drum
Sagar Patel
video installation

FORUM KYOTOは京都市の中心部である木屋町に位置する芸術と美食のための複合施設です。4階建てのビル一棟には、特別なコーヒーショップ、クラフトビールバーや豊富な種類の日本酒、オーガニックワイン、シャンパーニュを揃えた和仏折衷レストランがあります。また上2階部分は、現代アート、デザイン、ファッション、パフォーマンス、音楽の各分野における日本また世界中の若いアーティストを紹介する展覧会やイベント、トークを催しています。

何ヶ月にも及ぶ準備を経て、いよいよ公式オープンに皆様をお迎えできることを本当に嬉しく思います。この特別な日に、他の沢山のゲストの方々と共にあなたにお会いできることを心よりお待ちしております。

FORUM KYOTO is a center for arts and gastronomy located in the heart of Kyoto City. The 4 story building is welcoming a Specialty Coffee Shop, a Craft Beer Bar, a Japanese/French Fusion restaurant with a large selection of Organic Wines, Champagnes and Nihonshu. On the 2 upper levels we organize exhibitions, events and talks introducing Japanese, international and young talents in Contemporary arts, Design, Fashion, Performance and Music.
After many months of preparation, we are glad to invite you for our official debut. We hope that you’ll join us in this special day, among many others to come.

「LFCJP16 #1 : A TRIAL, A PROTOTYPE, A LANGUAGE」
Personal exhibition of LAETITIA BADAUT HAUSSMANN レティシア・バドー・オスマン
OPENING RECEPTION 25th – from 18.00
オープニングレセプション 11月 25日18.00から

ENG ->below
レティシア・バドー・オスマンはパリ=セルジー国立高等芸術学院(ENSAPC)を2006年に卒業。 2012年には、パレ・ド・トーキョーのレジデンス式創作ラボ「パヴィヨン」のレジデントとなりました。 2010年には第55回モンルージュ現代美術展(サロン・ド・モンルージュ)とパレ・ド・トーキョーでの グループ展に出展したほか、パリの「Galerie Allen」やナントの「Zoo galerie」などで個展を開催しています。2015年には、プレストの現代美術センター
「Passerelle/パスレル」での展覧会が行われした。
「Looking for Charlotte’s, Japan 2016 」/シャルロットの足跡を求めて」と題されたヴィラ九条山でのプロジェクトは、フランス人建築家・デザイナーのシャルロット・ ペリアンの日本での体験を出発点とし、現代のオブジェ創作を巡る一連の確認・観察を進めるものとなります。人との出会いや情報収集の段階を経て制作活動が行われ、工業生産と職人技との狭間における現代デザインの変容を表したオブジェが制作されることになります。

LFCJP16 [Looking for Charlotte’s, Japan 2016] refers to the Japanese experience of the French designer Charlotte Perriand. Based on the method of an investigation, LFCJP16 starts with the approach of historical research in the Perriand Archives in Paris. In Kyoto, the project orients itself towards a more sociological approach. LFCJP16 offers a fictional narrative of, with and around objects. The purpose is to question with a sculptural approach the contemporary metamorphosis of the craft gesture into a process of production of forms and their manufacturing process, as well as their impact on the everyday practice of design and the forms that it implies.
The exhibition in FORUM focuses on the possibility of collaboration with a bamboo craftsmen, using the prototypes as a dialogue tool.

This project was made possible in the frame of a residency at Villa Kujoyama. Villa Kujoyama is part of Institut français du Japon and benefits from the support of the Fondation Bettencourt Schueller and the Institut français.
LFCPJP16 はヴィラ九条山滞在時に進められたプロジェクトです。ヴィラ九条山はアンスティチュ・フランセ日本の5つの支部の1つ で、ベタンクール・シューラー財団とアンスティチュ・フランセの支援を受けています。
in coproduction with Ghost House.
made in collaboration with Atelier Takemata,
courtesy of the artist and Galerie Allen, Paris, FR.

 

www.villakujoyama.jp

www.institutfrancais.jp

www.galerieallen.com

https://www.facebook.com/events/167138193751583

forum-october-292

INSIDE OUT

OCTOBER 29TH from 2PM

https://www.facebook.com/events/1715570128763406/

nb-program-2016v2-1-1

PRE OPENING for NUIT BLANCHE KYOTO 2016

OCTOBER 1ST from 2PM

http://www.nuitblanche.jp/schedule/forum.php

10 月 1 日 午 後 2 時 半 か ら の トーク
FORUM KYOTO for NUIT BLANCHE KYOTO 2016
「佐 藤 守 弘 & 小 平 篤 乃 生 」
MORIHIRO SATOW & ATSUNOBU KOHIRA
TALK 2.30PM OCT 1st

Nuit Blanche Kyoto 2016の日に、現代アート、デザイン、パフォーマンスを中心とした新しいタイプのコンセプト・スペース、FORUM KYOTOが木屋町にオープンします。それを記念して、10月1日14時半から展覧会「Ode à l’immanence」の出展アーティストのひとりである小平篤乃生と視覚文化研究者、佐藤守弘によるトークを開催することになりました。司会はキュレーターのアレクサンドル・モベール。諸感覚とアートの問題、アートと工芸の新たな関係、FORUMが立地する場所の歴史など幅広い話題が展開されることでしょう。

小平篤乃生(こひら あつのぶ)
1979年広島生まれ。パリ在住。スイスのインターナショナルスクール卒業後、パリで服飾を勉強。あらゆる表現方法を求めパリ国立高等美術大学に入学、ジュゼッペ・ペノーネ氏に師事する。卒業後、ル・フレノア国立現代アートスタジオでメディアアートを習得する。2012年に文化庁海外研修生として音の研究を行う。そして現在、聴覚、嗅覚など五感を駆使した表現方法で制作している。主な展覧会は、「Condensation」(2013-2014、パレドトーキョー/銀座メゾンエルメス/DosanPark エルメス、パリ/東京/ソウル)、「Harmonie de quatre constellations」(2014、パリ写真美術館バーチャル展覧会)、「Laisser les sons aller où ils vont」(2014、FRAC フランシュコンテ、ブザンソン)など。

佐藤守弘(さとう もりひろ)
1966年京都生まれ。京都精華大学デザイン学部教授〔芸術学・視覚文化論〕。コロンビア大学大学院修士課程修了。同志社大学大学院博士後期課程退学。博士(芸術学)。著書に『トポグラフィの日本近代?江戸泥絵・横浜写真・芸術写真』(青弓社)、『記憶の遠近術?篠山紀信、横尾忠則を撮る』(共著、芸術新聞社)など。最近の論文に「産業資本主義の画像=言語??写真アーカイヴとセクーラ」(『PARASOPHIA京都国際現代芸術祭2015[公式カタログ]』)、「郷愁と発見??日本近代の無気味な他者」(『日本学報』)など。翻訳にジェフリー・バッチェン『写真のアルケオロジー』(共訳、青弓社)など。2012年、芸術選奨新人賞(評論等部門)受賞。文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員もつとめる。

FORUM KYOTOは10月1日のイベントのためにTRUNK COFFEE(名古屋)から鈴木康夫さんを招待しコーヒーを提供します。素晴らしいコーヒーを10月1日にFORUMでお楽しみください。
It’s with great pleasure that we welcome Yasuo Suzuki from TRUNK COFFEE ( Nagoya) on October 1st for a special coffee event. Here is the list of the amazing coffee you’ll be able to try at FORUM on this occasion:

WOLLEGA ETHOPIA

LIMONCILLO NICARAGUA

KANGUNU KENYA

CARIZZAL COSTA RICA

More on:
http://www.trunkcoffee.com/