LAETITIA BADAUT HAUSSMANN

レティシア・バドー・オスマン

2016年度 , 造形芸術

レティシア・バドー・オスマンはパリ=セルジー国立高等芸術学院(ENSPAC)を2006年に卒業。

2012年には、パレ・ド・トーキョーのレジデンス式創作ラボ「パヴィヨン」のレジデントとなりました。

2010年には第55回モンルージュ現代美術展(サロン・ド・モンルージュ)とパレ・ド・トーキョーでの

グループ展に出展したほか、パリの「Galerie Allen」やナントの「Zoo galerie」などで個展を開催

しています。2015年には、プレストの現代美術センター「Passerelle/パスレル」での展覧会が予

定されています。

http://www.galerieallen.com

 

LFCJP16 #1 : A TRIAL, A PROTOTYPE, A LANGUAGE」
Personal exhibition of LAETITIA BADAUT HAUSSMANN レティシア・バドー・オスマン
OPENING RECEPTION 25th – from 18.00
オープニングレセプション 11月 25日18.00から

ENG ->below
レティシア・バドー・オスマンはパリ=セルジー国立高等芸術学院(ENSAPC)を2006年に卒業。 2012年には、パレ・ド・トーキョーのレジデンス式創作ラボ「パヴィヨン」のレジデントとなりました。 2010年には第55回モンルージュ現代美術展(サロン・ド・モンルージュ)とパレ・ド・トーキョーでの グループ展に出展したほか、パリの「Galerie Allen」やナントの「Zoo galerie」などで個展を開催しています。2015年には、プレストの現代美術センター
「Passerelle/パスレル」での展覧会が行われした。
「Looking for Charlotte’s, Japan 2016 」/シャルロットの足跡を求めて」と題されたヴィラ九条山でのプロジェクトは、フランス人建築家・デザイナーのシャルロット・ ペリアンの日本での体験を出発点とし、現代のオブジェ創作を巡る一連の確認・観察を進めるものとなります。人との出会いや情報収集の段階を経て制作活動が行われ、工業生産と職人技との狭間における現代デザインの変容を表したオブジェが制作されることになります。

LFCJP16 [Looking for Charlotte’s, Japan 2016] refers to the Japanese experience of the French designer Charlotte Perriand. Based on the method of an investigation, LFCJP16 starts with the approach of historical research in the Perriand Archives in Paris. In Kyoto, the project orients itself towards a more sociological approach. LFCJP16 offers a fictional narrative of, with and around objects. The purpose is to question with a sculptural approach the contemporary metamorphosis of the craft gesture into a process of production of forms and their manufacturing process, as well as their impact on the everyday practice of design and the forms that it implies.
The exhibition in FORUM focuses on the possibility of collaboration with a bamboo craftsmen, using the prototypes as a dialogue tool.

 

This project was made possible in the frame of a residency at Villa Kujoyama. Villa Kujoyama is part of Institut français du Japon and benefits from the support of the Fondation Bettencourt Schueller and the Institut français.
LFCPJP16 はヴィラ九条山滞在時に進められたプロジェクトです。ヴィラ九条山はアンスティチュ・フランセ日本の5つの支部の1つ で、ベタンクール・シューラー財団とアンスティチュ・フランセの支援を受けています。
in coproduction with Ghost House.
made in collaboration with Atelier Takemata,
courtesy of the artist and Galerie Allen, Paris, FR.

© photo – Bruno Pellier

www.villakujoyama.jp

www.institutfrancais.jp

www.galerieallen.com

https://www.facebook.com/events/167138193751583