YUKI GODA – DANSE PERFORMANCE
He belong to the dance company “Monochrome Circus” that is based in Kyoto. Later, he gained
experience in many stages in Japan and abroad as a main dancer of the company.
As individual, he worked some coproduction with Toru Yamanaka(dumb type), Naoto Iina(Dance
and Media Japan), Hidekazu Maeda(dumb type) etc.
As teacher, he taught dance club activity in Matsuyama university for 3 years. And he has a lot
of teaching experience of contact and contemporary dance in some workshops and education
field in Japan.
In addition, he is working as organizer of “Goda-project (Goda-Kikaku)” and “Kyoto international
dance workshop festival” for spread activety of contemporary dance in Japan.


国内外ツアーをはじめ、様々なアーティスト、作品に出演。個人の活動として、音楽家 山中透との共同制作作品「白昼夢」(愛媛県町立久万美術館「松本俊夫展・白昼夢」)、「fruits session 2014」(愛媛県立美術館「洲之内徹と現代画廊展」)、映像作家 飯名尚人との共同制作作品「金魚撩乱」、前田英一とのデュオ作品「未だ無題」(FOuR Dancers vol.38 UrBANGUILD)などがある。
大学在籍中、ダンス部コーチを3年間勤める。市民150人が参加した「オーケストラで踊ろう!」(可児市)やルカ・シルヴェストリーニ振付「CROSS ROADS」(城崎)などコミュニティダンスの舞台を始め、小学校や大学でのワークショップアシスタントの経験多数。2015年コンテンポラリーダンスの進化と普及をめざす企画集団:ゴーダ企画立ち上げ。現在、ゴーダ企画名義で5人のパフォーマー(伝統舞台芸術から現代表現まで)とワークショップを重ねており、2016年2月に合田自身を加えて、ひとつの舞台公演に仕上げる。